失うものは何もない:これは、ボビー・ボーンズがケイトリン・パーカーと婚約したときにマット・カーニーに歌わせた曲です。

ボビー・ボーンズとケイトリン・パーカーがInstagramで自分撮りのポーズをとるボビー・ボーンズは、歌手のマット・カーニーの助けを借りて、ガールフレンドのケイトリン・パーカーにプロポーズしました。写真提供者:@mrbobbybones / Instagram

ボビー・ボーンズはガールフレンドのケイトリン・パーカーとの婚約を発表しました。彼はまた、歌手のマット・カーニーに彼らの歌「Nothing LeftToLose」を歌って提案を手伝ってもらったと言います。



ボビー・エステルという本名の40歳のボーンズは、昨夜、インスタグラムで彼の差し迫った婚姻の幸せなニュースを広めました。

アメリカンアイドルのメンター 一連の愛らしい写真をInstagramに投稿し、ガールフレンドのパーカーが適切に喜んで圧倒されているように見える彼を片膝で見せました。



写真の1つは、ロマンチックなキャンドルに囲まれた41歳のマットカーニーが幸せなカップルをセレナーデしながらギターをかき鳴らしているところを示しています。



投稿の中で、ラジオパーソナリティはカーニーが「彼らの歌」を演奏したと説明しました。

ボーンズはさらに、ケイトリンがマット・カーニーのコンサートで、彼がその曲を演奏しているときに、彼が「彼女のためのものだ」と気付いたと言ったと説明した。

isekai wa smartphone to tomo ni. season 2

ボーンズはまた、カーニーが彼らのためにそれを演奏することに同意したのは幸運だったと書いた。

ボビーボーンズが提案するボビー・ボーンズは片膝をついてケイトリン・パーカーにプロポーズしました。写真提供者:@mrbobbybones / Instagram

マット・カーニーの「失うものは何もない」は彼らの婚約曲でした



Nothing Left To Loseトラックは、カーニーの2番目のスタジオアルバムからのもので、その名前はその曲と同じです。 2006年5月にリリースされ、 ビルボードで2位を獲得 アダルトオルタナティブソングとアダルトTOP40の7位。

Nothing Left To Loseの歌詞はかなり悲しいもので、曲は全体的にかなり憂鬱なサウンドになっています。

「何かが壊れそうな私の言葉に印を付けることができます、そして私は最も暗い夜を通してあなたの手を握っている間、私は激しい戦いに自分自身を見つけました」のような歌詞を特徴とします。



しかし、この曲の一般的なメッセージは、彼の愛を見つけようとしている男についてのものであるため、かなり明るいようです。

コメントボックスSVGアイコン「いいね」、「共有」、「コメント」、「リアクション」アイコンに使用

コーラスは次のようになります。「そして、ここに行くと、選択するものは何も残っていません。そして、ここに行くと、失うものは何も残っていません。」

ボビー・ボーンズと結婚するケイトリン・パーカー「世界で最も幸運な女の子」

提案の後、ケイトリンは自分でInstagramに行き、次のように述べました。ボビーは私たちの裏庭の納屋で最も素晴らしい提案で私を驚かせました。

彼女は次のように付け加えました。「私はショックを受けており、世界で最も幸運な女の子のように感じています。私はとても愛していてとても幸せです。」

妊婦が冷蔵庫に行く答え

ボビーとケイトリンは、相互の友人から紹介された後、2019年後半に会いました。 彼らは会ったと伝えられている ABCのダンシングウィズザスターズの舞台裏。

多くの社会的距離の制限にもかかわらず、この夏はたくさんの有名人の婚約と結婚がありました。

5月、 Dog the Bounty Hunter、別名Duane Chapmanは、婚約を発表しました 最愛の妻ベスを癌で亡くしてから1年も経たないうちにフランシー・フランに。

しかし、それは愛するすべての人にとって良いニュースではありません。残念ながら、女優 アマンダ・バインズは3月に彼女が分裂したと発表しました 彼女の婚約者であるポール・マイケルは、婚約を発表してからわずか3週間でした。