Attack On Titan Season 3 anime to change the plot/story of the Shingeki no Kyojin manga, says SnK creator Hajime Isayama

アタックオンタイタンシーズン3のアートワークアタックオンタイタンシーズン3の前半は、マンガと比べて大幅に異なるはずです

マンガファンは通常、アニメの適応がプロットやストーリーに大幅な変更を加え、インターネット全体(または単にReddit)でファウルを叫ぶときにそれを嫌います。進撃の巨人の漫画家、諫山創は最近、スタジオウィットが進撃の巨人シーズン3でまさにそれを行うことを計画していることを認めましたが、漫画家はこれらの変更が良いことになると信じています。



諫山創は個人ブログを運営しており、進撃の巨人アニメとSnKマンガシリーズの両方について個人的な洞察を共有することがよくあります。彼のブログは約2か月間休止していますが、進撃の巨人第26巻の表紙のオリジナルスケッチを持って戻ってきました(以下を参照)。さらに、進撃の巨人シーズン3が変更される理由を説明しました。

諫山創は、第12巻を描き終えた後、第13巻から第16巻の品質に影響を与えたと考え、「個人的な放射性降下物」に苦しんだと主張している。 'とにかく、彼は休憩するのではなく、時間内に原稿を回し続けることができましたが、今では「しぶしぶ」章を拡張し、「毎月鈍くした」と感じています。



諫山創がそのような感情を表明したのはこれが初めてではありません。 SnKシーズン2のBlu-rayボックスセットに含まれているインタビューで、漫画の作成者は、そのストーリーアークがどのように判明したかを後悔していると述べました。



「第12巻を書いた後、13から16の間の期間は、私が自分の仕事に最も失望したと感じたときでした」と彼は言いました。 「[AttackOnTitan]シーズン3が作成されたので、後悔を一掃して、誇りに思うものに置き換えるチャンスがあります。」

Attack On Titan 3が放送を開始したので、 Isayama shared 彼は確かに脚本家の小林恵子と協力して「私のめちゃくちゃな漫画のための明確で簡潔なバックボーン」を作成することができたと。

「少なくとも、私の内省では、私は気が弱かった。このように、シーズン3のアニメ制作が最初に始まったとき、私はスタッフと話し合い、彼らが最初から第13巻から第16巻のストーリーのセクションと機能を適切に再配置できることを望んでいることを表明しました。その結果、彼らは私に理想的なスクリプトを提供してくれました。今回のストーリーは、自分のスキルでは成し遂げられない構造になっています!」

王国アニメシーズン3エピソード1



マンガ第13巻から第16巻は、いわゆる蜂起ストーリーアークをカバーしています。多くのファンは、ストーリーのこの部分が本当に世界構築に掘り下げられているので気に入っていますが、他のファンは、それが非常に会話が多く、アクションが不足していると感じました。諫山創は進撃の巨人シーズン3で何が変わるかを正確に説明しなかったが、作家の瀬古浩司は「原作の漫画の書きにくいプロットをより説得力のある形に変えた」と述べた。

最後に、SnKの作成者は、荒木哲郎監督に「制作全体のガイドラインと、制作に参加したすべてのメンバー」をまとめてくれたことに感謝します。 2018年6月に荒木はすでに 議論された 第3シーズンの構造が前のシーズンとどのように大きく異なるか。

「構造構成であろうとアニメーションであろうと、[進撃の巨人]シーズン3は前の2つとはかなり異なり、まったく新しいシリーズのように感じます。エレン、レヴィ、その他のキャラクターのいずれであっても、制作は現在、それらの最も内側の属性に焦点を当てています。これまで、私たちはそれらを表面レベルでしか理解していなかったことは明らかです。主要なアニメーションドラフトを見ただけでも、これが前のシーズンの直接の延長ではないことは明らかです。」



結局、諫山創は、これらの劇的な変化のすべてが、アニメのアタックオンタイタンシーズン3を彼の当初のビジョンよりもさらに良くするはずだと信じているようです。実際、彼は「今回は死んだ直後に天国に上ることができる!」と言っています。

進撃の巨人第26巻表紙図マンガの作成者は彼のブログで進撃の巨人第26巻の表紙のこのスケッチを共有しました